雛屋建設社の屋根リフォーム

屋根が劣化して色あせ、浮きや割れが目立ってきたらリフォームの検討が必要です。
お気軽に見積りをご依頼ください。

主な屋根リフォームの方法

塗り替え
  • 化粧スレートやガルバリウム鋼板、セメント瓦等の塗装製品は色あせするため、塗り替えが必要です。粘土瓦は塗装製品ではないので色落ちはしません。
  • 遮熱・断熱系塗料によるリフォームも可能です。
  • 既存の屋根を高圧洗浄してから、下塗りと仕上げ塗りを行います。
  • 廃材が出ないため、費用的には安価であると言えます。
  • 屋根材自体が劣化している場合は、塗り替えができません。
重ね葺き(カバー工法)
  • 劣化した既存の屋根の上に新しい屋根材を被せる工法です。
  • 屋根材の大部分に劣化が認められるものの、屋根の下葺き材(防水材など)や下地(垂木や野地板など)までは傷ついていないような場合、軽量の屋根材(化粧スレートやガルバリウム鋼板など)を既存の屋根に重ねて仕上げます。
  • 遮音効果も期待できます。
  • 凹凸の大きな屋根には施工できません。
葺き替え
  • 既存の屋根材を撤去して、別の屋根材で葺き替える方法です。
  • 下葺き材(防水材など)や下地(垂木や野地板など)まで傷んでいる場合や、地震対策などで重い屋根から軽い屋根材にしたい場合等に向いています。
  • 費用的には高くなりますが、屋根材は自由に選ぶことが可能です。
  • 屋根内部の点検ができます。

雛屋建設社は、総合建設業者としての長年の経験から、お客様のご予算に応じた最適なリフォーム方法をご提案します。
お気軽に、見積もりをご依頼ください。